乳幼児 火傷対策

やけどの治療は、やけどの深さによって異なります。もし家庭で軽度のやけどになった場合の対処法をご紹介します。 まずはやはり、冷やすことが大切です!

子どもはパニックになって、そのまま、手を暖房器具に置いたままで泣いていることがありますので、早く離してあげることが先です。 0℃~5℃の氷水、流れる水で約30分は冷やします。 この時点で、少し赤いか、どこをやけどしたかわからない程度なら様子見してもいいかもしれません。 しかし、痛みが強い、赤みが強い、水疱がある場合は、医療機関、特に皮膚科を受診することをおすすめします。

消毒液を使った消毒は行いません。 赤くなって、痛みやひりひり感がある時には、油を中心にした軟膏(ワセリン、プロペト、

オロナインなど)で皮膚を保護し、炎症を抑えるためにステロイド軟膏を塗ること。 できれば、水泡は破らないようにしますが、破れそうな場合は、清潔な針で水泡の中の液体を抜きます。掻いて破ってしまうと、水泡を覆っている皮がむけてしまい、傷が治りにくくなります。もし、水泡が破れたり、皮がなくなってしまった場合は、皮膚を守るために、プラスモイストなど、できれば、やけどの傷にくっつかず、浸出液を吸収して、しかも乾燥させないものであれば、OKです。感染症を防ぐ意味で、抗菌薬の外用薬を使用します。もし、傷に付かないガーゼが無い時には、塗らして、外すようにしましょう。 子どものやけどには予防ができます。事故が多いので、熱いお湯や鍋、飲料などは子どもの手の届く所に置かないのようにしましょう。

タグ

2013年7月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

低価格で安心の臨海斎場

一度は経験する葬儀ですが、いったい幾らかかるのかというのが気になりますよね。

 

葬儀社に支払う金額は、平均で150万円~200万円ほど。

葬儀の料金体系は、会社によって様々です。

会社によってセット料金がありますが、全てがセット内に含まれているわけではないので、その点をしっかりと確認しておくといいでしょう。 始めに予算はこれぐらいだからこの範囲内で出来る事をやって欲しいと頼んでいくといいかもしれませんね。決まった正規の料金のほかに当日の担当責任者には5000円から10000円の心づけを用意することもあるようです。香典返しは一般に「半返し」と言われています。集る香典の額は亡くなった方の社会的地位、現役か非現役かなどによって異なりますから見当が附きませんが全国平均では72万円ほどだそうです。香典返しは四十九日の法要が済んでからですから時間的にも余裕があります。  少し前までは何点かの品物がセットになっているギフト商品を香典返しに使うケースもあるようです。貰う側はセットの中から自分の気に入った商品が選べるわけで合理的といえるかもしれません。これにはいろいろな方法がありますが、まず葬儀社と相談する時にざっくばらんに予算がこれだけしかない、この予算内でやって欲しいとお願いしてしまう事が一番かもしれませんね。桁外れの値段でなければ断る葬儀社はないはずです。セット料金やオプションものを最低ランクにしてもらう、霊柩車、火葬費、通夜ぶるまいなどの飲食代も最低ランクにする。生花や飾り物を極力少なくするなど削れるものは出来るだけ削る、これが安くできる方法かもしれません。

ぜひ一度臨海葬儀社へ問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

タグ

2013年7月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

最近よく聞く加齢臭のもと「ノネナール」って何だ?

最近暑い日が続きますね~。こんな時期にでる汗ってイヤなんだよな~。

体臭がすごく気になるし。男性はもちろん女性でも悩んでいるかたも多いのでは?よく言われる「加齢臭」ってやつですね。 職場でも、この人、加齢臭くさーいなんて思った人もいるのでは?本人だとなかなか気づかない部分もありますが。。。。 でも、やはり清潔感は大事ですよね。周りをイヤな空気にしないためにもちゃんとデオドラントなどでケアしとかないと。 それにしても相当なイヤなイメージを持つ加齢臭ですが、実はこれには原因成分のノネナールというのがあるそうです。

加齢臭=ノネナールとして最近、さまざまなメディアに取り上げられているほど注目されているそうですよ。

 

このノネナールは、皮脂腺から発生する皮脂に含まれる物質で、皮脂成分のひとつであるパルミトレイン酸が酸化することで生成されるそうです。

パルミトレイン酸を含む皮脂の量が、一般的に、若い頃には少ないが、アラフォー世代から男女問わず増加するとのこと。

 

ノネナールの厄介なところは、そのなんともいえないオヤジ臭というか、脂臭というか、とにかく気に障るぐらい臭いというところは当然なのだが、なんと恐ろしいことに水に溶けにくく肌にこびりつきやすい性質を持っているため、シャワーを浴びて汗を流す程度では全然、ニオイが落ちないんだって。

 

なので、毎日のお風呂では、毛穴に詰まりまくっている汚れをしっかりと落とすイメージで洗う習慣を身つけるのが良いんだと。

 

その中でも、耳の裏やえり足、首の後ろ、肩、背中が特に出やすいそうなので、入念に洗うと良いかもしれませんね。4

最近では、加齢臭=ノネナールに焦点を絞り開発されたクレンジングウォッシュも登場しているそうですよ。

タグ

2013年7月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ