NHKの受信料。払わなければならない理由

NHKを見ないのに受信料を取られるのは・・・と思っている方も多いのでは?
なぜ、NHKの受信料を払わなければいけないのかは、
放送法の規定に基づいて、「日本放送協会放送受信規約」が定められているんです。
 受信機を設置すると、遅滞なく受信契約を締結し、放送受信料の支払いが義務 づけられているので、たとえ民法だけが映るものでも、受信設備に該当しているため、支払い 義務があるそうなんです。
それでも払わない人がいるのは、「義務」があっても「罰則規定」がないからなんです。
 何がなんでも払いたくない、でも法律に逆らうのはいやだ、何とかして法律の 隙を突いて逃れたいという人はいったいどうすればいいのか・・・・
「うちにはテレビがありません」というしかないのかな?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ