桐ヶ谷斎場  なら安心

お葬式に参列するときに、不安になるのが、「ご焼香」のマナー。

日本の葬儀のほとんどが仏式のものなので欠かせませんよね。初めて「ご焼香」をする人にとっては、作法が分からないと思います。 ここで、恥をかかないためにも簡単にご紹介したいと思います。

まず、「ご焼香」を行う順番ですが、故人と近しい人ほど前に座るようになっているので、ほとんどの場合、席順で行われます。スムーズにご焼香をするということは、葬儀や告別式に限ったマナーというよりも、周囲の状況や他人のことを考える基本的なマナーです。

ご焼香の回数は宗派などによって違いますが、たいていの場合、進行係から前もって案内があります。 案内が場合、前の人の様子をみて合わせるようにするといいでしょう。 列席者が多い場合、宗派にこだわらずに1回だけにするケースも多いので、回数はあまりこだわらなくても良いそうですよ。 ご焼香が終わって席に戻るときには、次の人に軽く会釈をし、遺族の前で一礼するのがマナーです。

 

今では、ほとんどの葬儀で、進行係などからご焼香の回数について説明があるようなので、あとは、スムーズな進行をたすけるよう、すみやかにご焼香を行うようにするといいでしょう。

葬式については桐ヶ谷斎場でお通夜から葬儀まで行える斉場が今都内では人気のようですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ